サルシッチャのおさらい

  • 2019.11.10 Sunday
  • 16:19

ご参加の皆さまありがとうございました。

お子さん達のお手伝いのお陰で、楽しく終えることができました。




あの後、携帯を落とし故障してしまい、写真のアップが遅くなりました。


手作りサルシッチャ、是非繰り返し作ってご家庭の定番になさってください。


薪ストーブでスープをつくって、おいしいパンとサルシッチャがあれば、あたたかいおもてなしになりそうです。



れいこ先生から教わった、ポイントのおさらいです。


コツはとにかく冷やすこと!でしたね。

豚肉は捏ねる直前まで冷やしておく。

捏ねる時も氷入りのボールや保冷剤で冷やしながら。


ハーブを刻む時は、潰さないように。



今回使用したのは、「障害者支援施設なごみ」さんのハーブ。

秋植えでも間に合うそうですので、ご自宅のお庭にハーブを植えましょう。



捏ねる順番は、まず挽肉と塩だけで粘りが出るまでしっかり捏ねる。


次に胡椒、ニンニクの順番。

ホールの胡椒やナツメグひいたら本当に良い香りでした。


パセリ、バジル、タイム(タイムは苦味が出るので少しだけ)などお好みのハーブをたっぷり。


まとめたら、冷蔵庫で寝かす。


アルミホイルで成形したら、また寝かす。


12〜15分蒸した後、フライパンで表面を焼きます。


焼きたてのカンパーニュと手作りサルシッチャ、

おいしくて楽しい時間でした。




次は薪ストーブ1年生の為のピザ教室を予定しています。

クリスマスに間に合うように計画。


霧島 「工房 風」さんにお願いして、

カッティングボードやトレーを、しばらく吉野店でお預りしております。


私も数年愛用していて、パンやピザのプレートだけでなく、お酒を飲む時にチーズなどを乗せています。





ご希望の方は、ショートメッセージでご連絡ください。

山崎倫子宛 09075301287


おいしい冬を迎えましょう。


気絶ミートソース

  • 2019.11.02 Saturday
  • 16:15

パイ生地を習って練習しています。

ぼんやりできないから、私にはとっても難しい。



バターが溶けないうちに素早くね!


この間は、吉野店のLOGIオーブンでミートパイを焼きました。



このミートパイのミートソースが本当においしくて、おいしい豚肩ロースを大きめのミンチにして、スパイスとハーブや香草と煮込むのです。


翌朝、母が皆を呼んで仕事前に朝食会をしました。

カンパーニュ、スクランブルエッグ、サラダ、ミートパイ。


夕方からお客さま。

たった今、おさつパイが焼けました。

まるごとテーブルに置いて、お茶と一緒にお出ししようと思ったけれど、

今すぐ食べたいから、カットして出します。





11/9(土)クッキングイベント

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 07:25

おはようございます。


皆さんからご要望の多かった、クッキングイベントを計画しました。


なかなかメニューが決まらなかったのですが、

薪ストーブでもできて、薪ストーブシーズンが終わっても、定番メニューになるように考えました。


今年1回目は、ハーブを入れたサルシッチャを作ります。


今回、腸詰めはしませんが、

カリカリに焼いたり、スープと煮込んだり、

切ってピザにトッピングしたり、パンに挟んでサンドイッチにしたりと幅広く使えます。


作りおきして、お弁当にも良さそうですね!




今日のは、フレッシュのパセリをたくさん入れました。

「インド人嘘つかない」という唐辛子で作った、

ハリッサという調味料と、

マスタードを添えました。



当日は、オーブンストーブでパンも焼きます。


ストーブシーズンのおもてなしや、ご家庭の定番になるサルシッチャ作りを是非マスターしてください。


仕込んだサルシッチャと焼きたてパンは、ご試食の後、お持ち帰り頂きます。


【日程】11/9(土曜日)

【時間】午後13:00〜

【会費】おひと組 5,000円

【お申し込み】09075301287宛にショートメッセージ

【定員】5〜6名様

【場所】鹿児島吉野店


お申し込みをお待ち致しております。


最近、アップルパイの練習をしています。

生地をたたむのが難しい!

写真はお手本のアップルパイ。



谷山の薪活お疲れさまでした。

  • 2019.10.22 Tuesday
  • 16:49

薪の山に登って選ぶのは、宝探しみたいでいつもわくわくしますね。



オーナーさんがご用意して下さった、

ブルーベリーマフィンと熱いコーヒーがとってもおいしかった!




好評でしたので、また年内に企画できたらとお話しています。





最後、大人は袋いっぱいに焚き付けを摘めて、

子供は土山に登って、

いつまでも遊んでいたかった。


山道を走っていると、秋の花でいっぱいです。

私の大好きなヨメナ。



先週のえびのでは、火入れの帰りに満開のコスモスが見られました。




そろそろ火入れのシーズンです。

少しずつ予定が埋まってきておりますので、

今年初シーズンの方は、ご希望の日程をお知らせください。


延岡エリア薪販売

  • 2019.10.05 Saturday
  • 12:33

シーズンも近くなり、薪のお問い合わせが増えてきました。


各エリアで薪の販売先をご紹介しております。


【延岡エリア】

・軽トラック平積み

・広葉樹ミックス

・18,000(税別)

・配達はされません


購入ご希望の方は、

09075301287 宛にご連絡ください。




谷山 薪取りご案内

  • 2019.09.14 Saturday
  • 10:36

鹿児島市谷山で、薪集めのイベントがありますのでご案内致します。

サイズ等不揃いで、形状など写真でご確認の上ご参加ください。








【日程】10/20(日曜日)

【集合】谷山第2中央公園 9:30集合

鹿児島市西谷山1丁目6-3

【開始】10:00〜

【会費】軽トラック1台3,000円

        2回目以降2,000円

【お申し込み】09075301287 宛にショートメッセージをお送りください。


焚き付け等がない方、是非ご参加ください。



スギナを愛でる

  • 2019.08.23 Friday
  • 00:51

ボタニカルアートというのか。

植物画が好きで、たまに見ています。





図鑑の写真でもなく、植物の花弁の断面図や、根っこ、葉をそれぞれに拡大して描いているものです。



先日、たまたま入った古道具屋で、植物図鑑を見つけました。

1ページずつをバラバラにして販売していて、ざっと300枚以上はあったかと思います。

1枚千円の値札。



財布を忘れたので、バッグの中には小銭入れに千円程しか入っていなく、

1枚しか持ち帰ることはできない。


海外のものなので、日本では見かけないような草花や、どこの道端にでも咲いているような草花まで、どれもこれも愛らしい。


でも持ち帰れるのは1枚。


ニガナ、タビラコ、スミレ、カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、ナズナは大好きだし、

オミナエシもまさしく今頃飾るのには良さそうだ。


まずは、自分が知っているものに限定しよう。

絵の中でその草花の細部を知れたら、

これからの草取りに、更に楽しみの要素が加わるかもしれない。


絵として好きなものにしよう。


タンポポやスミレは、他のものを持っているから、より地味な雑草がいい。


20枚位に振り分け終わったところで、

「一体どこにいるの?今まで探したのにいない!」と同行の者からメッセージが入る。


1分程のタイムリミットを自分に与えて、選んだ1枚は、草取りの度に悩まされる「スギナ」でした。



庭に出て、スギナを抜いて、

台所で洗って細部を眺めてみたけれど、

特に愛着は分かず、やはり少々憎たらしい。


薪ストーブの話に繋げることもなくいつもすみません。


タイムの押し花

  • 2019.08.08 Thursday
  • 00:14

週末のメンテナンス講習会、お越し下さった皆さまありがとうございました。

予定より長くなりましたが、個別のお悩み相談のスペースが取れました。


かわいくて、鹿児島店にも、おぎのやの釜を持って行きました。

「あ。」と、気付いて下さったお客さまおひとり。


近所の空き家のザクロパトロール。

少しずつ色付いていて、そわそわします。

地面に落ちる前に偶然通りかかりますように。


昨日は夕飯の支度に2時間もかかってしまいました。

料理本「果物のひと皿」は、何度も読みすぎて、お気に入りのレシピはページ数を覚えてしまいました。


レバーのコンフィは111ページ。




タイムが2枝必要でしたが、

ベランダのタイムは瀕死寸前で1枝しか取れませんでした。


何ということだ!

レストランで添えられていたタイムを押し花にしていた!


事務所のデスクの引き出しに入れていたから、

「チェリーと赤玉ねぎのマルメラータ、レバーコンフィと文房具の香りを沿えて。」


ポークソテーは思い切って買ったシャインマスカットが付け合わせ。

ヨーグルトソースのディルも、ベランダで育てていたもの。

だらしなく伸びていたものを救済。


こういう受かれたメニューが続くと、

「もう母さんは素麺で良いから、、。」と言われてしまいます。


素麺では私は足りないので、

鶏の唐揚げを揚げていたら、揚げたてをちょっと味見するつもりが止まらなく、

こうなったら最初から唐揚げはなかったことにしよう。

たまにあるのよね、おいしいから揚げたてをつまみ食いして、全部なくなっちゃって、

そうだ、なかったことにすればいいの。

と、

そんなことを教えて下さった方と、

夏のクッキング教室を計画しています。


彼女の家は、いつ遊びに行っても素敵なおもてなしがあります。

(人の家に遊びに行くということが私はないのですが、ここだけは厚かましく何度も行くのです。)


季節の果物でシャーベットやアイスクリームを作るのは、彼女に習って無理なく取り入れることができました。





八重桜を梅酢に漬けたり、おはぎを作ったり、

ジェノベーゼ、15分でできるスコーン、スパイスの効いたチキンカレー、豆のスープ。




そういえば、ふきのとう味噌も作ったし、黒糀も教わった。




頂いたパイ生地は最高でした。

義理の妹も姉も楽しみにしていたのに全部食べちゃいました。




材料もどこでも手に入って、繰り返し作れて、やさしい内容で考えています。


皆さまお楽しみに。

計量はします。

メンテナンス講習会

  • 2019.08.03 Saturday
  • 23:38

暑い中、ご参加頂きありがとうございました。





結局2時間半以上の内容になりましたが、

基本の焚き方おさらい、

薪について、

セルフメンテナンスの範囲、

について、じっくりお話させて頂きました。


皆様からの質問もたくさん頂戴し、

充実した勉強会になったかと思います。


明日ご参加の皆様、じゃんけんの練習をしてお出まし下さい。


夕方からスタッフ全員でバーベキュー。

焼き肉屋さんになりたい朔太郎。


今朝は、「おぎのや」峠の釜めしの釜で、うまく白米を炊けたので、

炊きたてしか食べない(しかも、炊きたての真ん中だけ。)兄にもちょうど良いです。


しっかり1合炊けるんです。



この釜がかわいくて、明日は鹿児島に連れて行きます。


もちろん、釜めしにも挑戦しますが、

他に何ができるか思案中。


おやすみなさい。

冷蔵庫のきびなごもおやすみなさい。


鰯ではなく、

きびなごのアンチョビになる予定です。


峠の釜めし

  • 2019.08.03 Saturday
  • 01:11

明日のメンテナンス講習会、お気をつけてお越し下さい。

暑いので、できるだけ早く終われるようにしたいと思います。


久しぶりにお目にかかれる方も多く、楽しみにお待ちしております。


お目にかかれない方に近況報告を致しますと、先日の投稿通り果物料理に加えて、

駅弁の容器に夢中です。



「おぎのや」峠の釜めしの釜を再利用してご飯を炊く、

というのは、おぎのやのホームページでも紹介されていて、

いつかは試してみたいと思っていました。


サービスエリアで食べた後、大事に釜を包んで持ち帰り、

お土産に買ったものを含め、4つの釜が我が家のカウンターに並びました。



明日の朝は釜めしの釜で炊きたてのご飯。


これに合わせて、

実山椒が手に入ったので、ちりめん山椒を焚きました。




いつかは釜めしを再現して、まかないに登場させるのが夢。


夢は大きく!


おやすみなさい。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM