銀色

  • 2016.02.07 Sunday
  • 20:55
午前中、背中を丸めてパソコンに向かう。

荒野のような心に

午後、春が来ました。

吉野店の家具の打合せに来てくださった、霧島の家具作家さんから。
ふきのとう。







セーターにスパンコール付いてると思ったら、夕方捌いた鰯の鱗。



今日は天ぷら。
揚げるのが楽しくなってバナナも揚げてみました。
揚げ物は気分もあげる。



廊下で見つけた、春の銀色。

大好きな猫柳。






春、ちょっと暖かくなっても無理矢理に薪ストーブを焚く我が家ですが、
そろそろ冬も終わりの気配でしょうか。

山師の坂元さんと電話で話したところ、
心配なのはお天気だけ。

原木は充分に確保して下さっているそうです。







今のところ土曜日が雨の予報のようですね。
小雨ならなんとかできそうですが、場合によっては延期とさせて頂くかもしれません。

何れにせよ、早めにブログにてアップします。



花さき山

  • 2015.09.05 Saturday
  • 18:59
兄はさつま町で工事。
弟は西都で打合せ。



家の彼岸花が1つ咲きました。

もうそろそろ、あちこちの土手で真っ赤な彼岸花を見られる季節になります。

子供の頃、好きだった本に、
斎藤隆介さんの【花さき山】という絵本があります。
挿し絵は、斎藤隆介さんの絵本をたくさん手掛けた滝平二朗さんの切り絵です。

本棚から引っ張り出してみたら、長年勘違いをしていたことに気が付きました。

この本に描いてある花は、『彼岸花』だとずっと思い込んでいたのです。




絵本は、山菜採りに山へ入った少女あやが、山ンばと出会うところから始まります。

赤い花がどうやって咲いたのか。

祭り着をねだる妹に、自分はいらないからと我慢した。
いえが貧しくふたりには買ってもらえないことを知っていたから。

その時咲いた花だと山ンばに教えられる。

『この 花さき山 いちめんの 花は
みんな こうして さいたんだ。
つらいのを しんぼうして、
じぶんのことより ひとのことを おもって
なみだを いっぱい ためて しんぼうすると
その やさしさと、けなげさが、
こうして 花になって、さきだすのだ。』




自己犠牲。
こんな言葉は、時代錯誤かもしれないですね。



この本の終わりかたも素敵ですよ。

昔、読んだ方も、まだ読んでいない方も是非手にとってみてはいかがでしょう。

私の花も咲いたこと、あるかなあ。
芽が出て、引っ込んだり折れたりしたかもしれない。

ひとんちの

  • 2015.05.19 Tuesday
  • 16:21
去年、会社の行き帰りに見かけた塀一面の【ルコウソウ】


星のような赤い花に、線のような葉。
欲しくて欲しくてたまりませんでした。

種ができる頃、毎朝通る度に
『拝借しようか…。』

『いやひとんちのだから…。』

『花泥棒は泥棒のうちに入らないって言うし。た、種だし!!…。』

結局、夕闇に紛れてこぼれた種を拾ってスーツのポケットへ。

夏の終わり、《ご自由にお取りください》の
貼り紙と一緒に、ヒマワリ・朝顔・ルコウソウの種が置かれていました。

先々週撒いた種が芽を出していました。



双葉の頭に種の殻がのっているの、かわいいですよね。



小学生の頃、
【翌日咲く朝顔のつぼみにガムのケースをかぶせる。
翌朝、早く起きてケースを外すと、つぼみが開く様子がスローモーションで見られる】
という理科の実験がありました。

何度もトライするのですが、いつも朝起きられず、見ることができませんでした。

先月引っ越しの荷物を片付けていたら、
【朝に強い女性になる】
というタイトルの本が出てきましたが、1ページも読んでいなかった…。

明日は朝早く起きて、弟と東京へ出張です。
【省エネ住宅エコポイント】についても勉強してきますので、また詳細をUPいたします。
******************************************

宮崎市・西都市・児湯郡・北霧島・日南市・鹿屋市で使える
■バルウォーク×5
■かのや薔薇園のチケット×2
をいただきました。

早い者勝ちですので、朝早く起きて店舗までお立ち寄り下さい。










ママコノシリヌグイ

  • 2015.05.09 Saturday
  • 17:55
ママコノシリヌグイ、ゲエロッパ、ミミカキ草、ヌスビトハギ、ビンボウ草…

草花の名前、別名にはユニークなものがたくさんありますね。
最近、ある庭に出会ってから草花が気になって仕方ありません。

昔からガーデニングというよりも、道端の草花を眺めるのが好きです。
現場へ行っても、つい周りの草花が気になります。

兄は兄で、川の魚が気になるようで、いつも
『釣竿を持ってくるんだった!』と言いますが…。



白いご飯が大好きな私にとって、薪ストーブ料理には限界があり、
吉野店では、手作りパン教室の講師をお呼びすることに決まりました。

とある霧島のおうち。
ご主人は家具職人、奥さまはパンを焼きます。
人を訪ねるのが苦手な私が、唯一行きたくなる場所です。
パン焼きもさることながら、庭がそれはそれは素敵。
奥さまは植物の移植の事を考え出すと止まらず、朝4時に目が覚めて、庭が明るくなるのをじっと待っているのだそう。

吉野店の庭も奥さまプロデュース。
園芸屋さんとはまた違う、素朴な野の花、草木をご覧いただけます。



お待たせ致しました。
【ネスターマーティン オーナーズイベントのご案内】
煙の少ない焚き方講習
火を落とさず焼けるピザ講習
メンテナンス講習

■6月14日(日)

■10時開始予定
※ご応募の状況をみて、開始時間を変更する場合があります。

■参加資格は当店でネスターマーティン設置、または設置予定のお客様

■参加費:無料
参加ご希望の方は、大変お手数ですが担当営業員に直接お電話・メールにてご連絡下さい。
ホームページ、【お問い合わせ】欄からのご連絡でも対応致します。
その場合、返信には数日お時間を頂きますのでご了承下さい。




諸塚村工事

  • 2015.04.24 Friday
  • 21:20
諸塚村で煙突工事。
板金屋さん、大工さんと打合せしながら進めていきます。



ワカフレックスの話になり、
『ねえちゃんの顔もベターっとこれ貼ってみよか』と板金屋さん。
潤いが逃げずいいかもしれません。

現場のすぐ側にはたくさんの野草や蜂の巣箱。








諸塚村、大好きになりました。
気になるお地蔵さん?を見かけたので、
次回ご紹介しますね。

ふくらむつぼみ

  • 2015.03.25 Wednesday
  • 21:11

神田川の桜も咲きました。
今週は引っ越し作業の為、東京です。



『何でもつぼみのうちがいいわ…。』

と、薹が立った私を見て母は言いますが。


先日メーカーの営業の方から、東京ガスが取り組んでいる『火育』のお話があり、
鹿児島店のオープニングイベントでもできないかと、
私ひとりで勝手に思案中です。

先日の薪割り大会で驚いたのは、
お子さんに『危ないからあっちで遊んでなさい!』ではなく、
積極的に薪割りをさせようと、お子さんの手を取るお父さん方が多かったこと。

マッチが擦れない子供が増えたと聞きますが、火の持つ力、魅力を体験するイベントをできたら…。

鹿児島店での夢は、毎日どんどん膨らみます。

その前に段ボールの山を片付けなくては。



オオイヌノフグリ

  • 2015.03.08 Sunday
  • 21:14
朝、仕事が山積みと知りながら、
どうにも動けないとき。

庭の草花を摘んで、雑器に飾ります。
たまに土を掘ったら、根切り虫の幼虫が出てきて、コロコロ出てくるそれを探すのに没頭して夕方に。

今日の草花は、オオイヌノフグリ。
花の名は、牧野富太郎さんがつけたそう。



名前の由来は皆さんご存じの通り。



花を飾って、ようやく活動開始。
本日、井福建設様イベントでした。


相変わらず、写真が横向き。
デジタルとはなかなか仲良くできません。

つぼみ

  • 2015.02.15 Sunday
  • 20:44
りんげです。

東京は風の強い1日でしたね。

お浸しになりそびれた菜の花。
ひとつだけ台所に落っこちていました。

水切りして、ぐい呑みに挿してみた。

ほんの数分でこの通り。
ピーン!

花が咲くかなあ。

薪ストーブシーズンもそろそろおしまいでしょうか。



PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM