静かにドラマチック

  • 2018.11.09 Friday
  • 01:50

写真が載せられないまま、ブログのメンテナンスもできておらず すみません。


今週もあちこちへ行きました。

武家屋敷の美しい縁側や、

道に迷って(相変わらずなのです。)偶然に遭遇した花畑など、

ご紹介したい写真がたくさんあるのです。


instagram 【yamakana5299】


終末の薪サポートイベントを終えて、

今週のスタートは高千穂ー延岡エリアでメンテナンス。

1泊したので、弟と久しぶりに飲みました。


高千穂には、行ってみたかった「アズーロ」というスーパーマーケットがあり、

滞在10分でしたが行けました。


アズーロは、

「小さな街にこそ、大きな店を!」と始めたそうですが、

最初のうちは、大きな店に並べる商品が集まらず、

店主が夜中に遠くまで車を走らせ、

市場で買い付け、スーパーに寝泊まりする日々だったとか。

寝袋が磨り減る位まで続けたそうです。

そのアズーロにはコスコトの商品なども入っていたり、

地元付近から集まる素朴なお菓子なども定評があるようです。


芋餡饅頭、きな粉パン(袋の中にきな粉がたっぷり)、蓬饅頭など、

たくさん買い込みました。


昼食には、お客さまのお店で、

手間のかかったお料理の数々。


根菜とつみれのお椀、

柚子の皮に入ったグラタン、

金目(だったと思う)野菜の餡掛け、

採れたて野菜のサラダ(ドレッシングもおいしかった)

小松菜と胡桃の和え物、

大根の柚子こぼし、

カラフルピーマンと蒟蒻の炒め物、

里芋の唐揚げ、いんげん、

とても小さな梅干し、

白菜の漬物、

昆布を刻んだ何かおいしいもの、

艶々の新米。


(食べたものの記憶は何で苦労なく思い出せるのか?仕事に生かせない。)


翌日は枕崎でメンテナンス。

2時間半位の予定が、丸1日かかりました。

本体を外に運び出しての作業。

途中、もう帰れないのでは?と思ったメンテナンスをやりきって、

夕方、桜島インターで無言の天ぷら蕎麦(昼食)を啜っているときに、

静かにドラマチックな仕事だったなあと感動してしまいました。


うまく言えないのですが。


そして今日は、素敵な古民家に、大好きなノルンが着きました。

前の日から嬉しくて、

(でも私は別仕事で現場に行けず)

朝からノルンを焚いて、「ノルン弁当」を4人分作りました。


明日はどんな日になるだろう。


お風呂の湯船で泣く位疲れていても、

ドラマチックな瞬間が多過ぎて、

またやれてしまうのです。


この時期、薪ストーブ業界のお仲間方とメールをすると、

「もう無理」「限界」「辞めたい」と、

毎年同じようなやり取りをするのですが、

皆、

ドラマチックが止まらないのだろうな、

と思います。





コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM