果物のひと皿

  • 2019.07.23 Tuesday
  • 01:02

「果物のひと皿」という美しい料理本があり、

このところ、ため息をつきながら眺めています。


140のレシピがあり、どのメニューも季節の果物が使われます。


人気メニュー、「桃のアールグレイマリネ」を含め、桃のレシピだけでも16もあるのです!


来客が続き、落ち着いたら作ろうと思っているうちに、

桃の季節が残り少なくなってしまいました。


今日はお昼過ぎからそわそわ落ち着かず、

現場班が炎天下の工事から帰ったのを見届けて、すぐさまスーパーへ。


フェタチーズというものの値段を見て、1度棚へ戻し、家の別のチーズで代用、、、いや、やはり代用はやめよう。

北海道のアメリカンチェリーはレシピに20粒とあったので、パックの中の数を数えて、2パック取っていたけど1パック戻しました。


「豚スペアリブのグリル チェリースパイスソース」

「メロンとミントのサラダ 生姜風味」

何度もイメージトレーニング済み。


チェリーは2つに割り、種を出す。


この種を取っている時、あまりの楽しさに震えそうでした。

「本当に料理が好きなのね。。」

心配そうに部屋を去る母。


メロンのサラダは、生姜と蜂蜜で味を付けるのですが、そのソースを「和え衣」とありました。

和え衣。知らなかった!なんて素敵な響き。



蜂蜜は、頂き物のさくらんぼの蜂蜜を使ったのですが、和え衣をスプーンでぺろっとした時、

アメリカンチェリーのソースを作っている時、台所で気絶しそうになりました。




果物。

ぼんやりしているとあっという間にその季節が過ぎ去ってしまい、

そして過ぎてもまた巡ってくるところが良いですよね。

すいか、桃、メロン、葡萄、無花果。


義姉の庭の無花果はまだ?


郵便局へ行く途中、

近所の空き家でずっと見ていたザクロの花が、この前小さな実になっていました。


この数年観察しているけれど、

誰かが取っている様子はなく、地面で潰れているんです。


いくら空き家でも、腕を伸ばしてもぎ取る勇気はないので、

今度郵便局へ行く途中、偶然落ちてくる瞬間キャッチしたい。



吉野店のブルーベリーは、

まだ少し酸っぱいけど、初めての収穫なので無理矢理採ってパンケーキと食べました。



しばらくは果物の話にお付き合いください。

薪ストーブの話は出てきません。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM