スギナを愛でる

  • 2019.08.23 Friday
  • 00:51

ボタニカルアートというのか。

植物画が好きで、たまに見ています。





図鑑の写真でもなく、植物の花弁の断面図や、根っこ、葉をそれぞれに拡大して描いているものです。



先日、たまたま入った古道具屋で、植物図鑑を見つけました。

1ページずつをバラバラにして販売していて、ざっと300枚以上はあったかと思います。

1枚千円の値札。



財布を忘れたので、バッグの中には小銭入れに千円程しか入っていなく、

1枚しか持ち帰ることはできない。


海外のものなので、日本では見かけないような草花や、どこの道端にでも咲いているような草花まで、どれもこれも愛らしい。


でも持ち帰れるのは1枚。


ニガナ、タビラコ、スミレ、カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、ナズナは大好きだし、

オミナエシもまさしく今頃飾るのには良さそうだ。


まずは、自分が知っているものに限定しよう。

絵の中でその草花の細部を知れたら、

これからの草取りに、更に楽しみの要素が加わるかもしれない。


絵として好きなものにしよう。


タンポポやスミレは、他のものを持っているから、より地味な雑草がいい。


20枚位に振り分け終わったところで、

「一体どこにいるの?今まで探したのにいない!」と同行の者からメッセージが入る。


1分程のタイムリミットを自分に与えて、選んだ1枚は、草取りの度に悩まされる「スギナ」でした。



庭に出て、スギナを抜いて、

台所で洗って細部を眺めてみたけれど、

特に愛着は分かず、やはり少々憎たらしい。


薪ストーブの話に繋げることもなくいつもすみません。


コメント
スギナといい牧野富太郎といい、りん子さんシブい!!!( ̄▽ ̄)
  • なべくら
  • 2019/08/24 8:54 PM
なべくら 様

さすがなべくらさん、牧野富太郎の絵とお分かりだなんて。

吉野の庭は、ワレモコウ、ホトトギス。
今年は蝉の死骸が少ないです。

また遊びにいらしてくださいね。
  • りんこ
  • 2019/08/31 1:33 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM