ピーマンの肉詰め

  • 2020.03.07 Saturday
  • 23:54
ご参加の皆さん、ありがとうございました。
昨年から始まった、
天然酵母で作るピザ生地講習会も、4回目です。

火加減、時間、発酵、少しの条件が変わると、焼き上がりも変わるのがおもしろく、
講習会が始まる前と終わってからも、いろいろ試して何枚も何枚もピザを焼いて食べ比べました。

今までのインスタントな生地とは違って、
おいしい生地は食べ飽きないです。






【まとめとおさらい】

・生地が乾燥しないように、短時間で焼き上げるのがおいしさのコツ。
上のチーズがフツフツする位焼きましょう。

縁はふっくらやわらか、
カットするとき、底がガリガリ良い音がする位が理想。
裏面の生地に、豹柄の焼き色が付くと合格だそうです。(兄、テレビ番組調べ。朝から豹柄!豹柄と連呼していましたから。)

・生地は生き物のようにやさしく扱う
ボウルから生地を取り出すとき、分割するとき、カードやスケッパーを使って素早くやりましょう。
生地を触るときは、くっつかないように、自分の手と生地に粉をつけましょう。

生地を伸ばすときには、できるだけ縁を触らず作ると、ふっくらの部分と、香ばしいカリカリの部分の差ができおいしいです。

・生地を伸ばすとき、うまくのびなかったら、一度置いて少し休ませる。

・アルミホイルはオーブン用のものくっつかないタイプが良いです。(これだとクッキングシートは不要)

・サルシッチャは、挽き肉を凍ったものなら半解凍の状態か、練る前に1時間程冷凍庫に入れてから使う。シャリシャリ位の感じです。

レシピに順番を載せませんでしたが、
最初に塩と合わせ、粘りが出るまで捏ねて、
次に香辛料。(粗挽き黒胡椒たっぷりと、ナツメグ。
黒胡椒はホールを挽いて、ナツメグもホールのものを擦りおろしてつかっています。
香りが良いです。
「VOX SPICE」というオーガニックブランドのものをインターネットで購入しています。)

うちのペッパーミルは調子が悪く、すりこぎでゴリゴリしました。

たまに行く、おでん屋さんのお兄さんは、黒胡椒は包丁で刻むって言ってた。

・トマトソースはホールトマト缶。
今日のはペーストを使っちゃったのと、少し酸味を飛ばし過ぎたので、フレッシュのミニトマトをトッピングに足しました。

トマトソースの塩分は控えめにして、最後のトッピングに粗挽き岩塩をパラリとするのがおいしい。

分からないことはいつでもお問い合わせください。見積書は遅いですが、こういう質問の解答は早いです。

お野菜のお土産をたくさんありがとうございました。
頂いたピーマンに、サルシッチャを詰めて、炉内で焼いたらとってもおいしかったです。




毎日楽しくて夜が来るのもあっという間。
押し花したり、お菓子を焼いたり、最近は久しぶりに絵の具遊びを。
本当にストレスも大きな悩みもないのですが、私以外の家族はストレスと悩み事で大変そうです。



思いがけず、6キロのトマトを分けて頂いたので、今夜はセミドライトマトの実験。

皆さんに人気のエコファンって、私は好きじゃないんですけど、風を送ってドライトマトに使うのは良いかも。





うまくできたら、ドライトマトとオイルサーディンの炊き込みご飯を作ろう。

ああもうこんな時間。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM